子どもを塾に通わせたいけど、みんなどれくらい払っているの??みんなが気になる塾の「お金」のことを、調査してみました。是非参考にしてみてください。
文部科学省「平成26年子供の学習費調査」の発表資料によると、対象学年(幼稚園、小学生、中学生、高校生)によって、塾や家庭教師の利用率や費用は大きく異なっていることが分かります。また、公立と私立学校によっても平均費用が変わる結果となりました。
今回は、対象学年ごとに塾や家庭教師にかけている金額や、平均分布をまとめていますので、通塾を考えている学年(年齢)と照らしあわせてご参考にして下さい。

対象別に塾・家庭教師の平均費用をみる
塾代サポート制度
幼稚園から高校卒業までにかかる学習費

幼稚園から高校卒業までの15年間で、総額どれくらいの学習費用が必要なのかを、ケース別に算出しました。

  公立 私立
幼稚園 634,881円 1,492,823円
小学校 1,924,383円 9,215,345円
中学校 1,444,824円 4,017,303円
高校 1,226,823円 2,973,792円
幼稚園から高校卒業までの総合学習費用

幼稚園から高校まで、全て公立だった場合は、約520万円かかるとなっています。幼稚園のみ私立で、小学校から高校まで公立だった場合は、約610万円かかります。同様に、高校のみ私立だった場合は、約700万円。幼稚園と高校のみ私立だった場合は、約780万円。小学校のみ公立だった場合は、約1040万円。全て私立だった場合は、約1770万円となっています。
幼稚園から高校まで、全て公立だった場合(ケース1)と全て私立だった場合(ケース6)の差は、約3.38倍となっています。

(出典:文部科学省「平成26年子供の学習費調査」より)

学習費用を把握した後は、塾・予備校をさがそう

おおよその学習費用を把握したら、さっそくお住まいの地域にある塾を探してみましょう!JS日本の塾なら無料で、簡単に塾の資料請求が出来ます。
しかも、当サイトから資料請求後、入塾すると、もれなく4,000円のお祝い金をプレゼント!まずは塾のパンフを集めて比較検討して下さい。

お祝い金